勝ち組トレーダーのカモになるな

情報に踊らされてカモになるな

株式や為替の世界では、ネットやテレビ、新聞といったメディア媒体で投資銀行の偉い人、経済アナリスト、自称投資家等々様々なジャンルの人がさも真実かのようにマーケット分析をして発言している。もちろん、相場の分析には様々な見方があって良いだろうから、そこは問題ない。

問題があるとすれば、それは聞き手(あなた)側のことなのだ。情報弱者(情報を自分で判断することに慣れていない人たち)は、それっぽいメディアや著名人が発信した内容を鵜呑みにする傾向がある。自分がそうだと認識していなくても、実際にはそうかもしれない。

 

こんな経験はないだろうか。

例えばネットでそろそろ日経平均が暴落するという話が蔓延していたとする。自分自身は買い目線(上昇する)だとしても、このような情報を多く目にしていると、知らず知らずのうちにバイアスがかかり自分も株価が下落するのではないかと考えてしまうということだ。実は、こういうトレーダー(カモ)が多いから勝てるトレーダーに資金が流れていくのである。

どうだろうか。思い当たる節はないだろうか。

アナリストの予想はあてにならない。トレードは全て自分の責任である。情報やニュースを鵜呑みにしてはいけない。信じても信じなくてもいけない。 要は、全く無視することなのだ。

値ごろ感に踊らされてカモになるな

FXでも株でも下落が続いて底を打ったと判断し、安くなったからそろそろ買いで入ろうか。そんな人が多いのではないか。
相場の底を当てるなんて芸当は誰にもできない。ましてや、まともに勝てないトレーダーならなおさらだ。

相場で長生きする基本は流れに寄り添うだけ。勝つには、流れに逆らっては絶対にいけない。動きの初動に乗っかるだけだ。

トレードでは順バリや逆バリというものがある。聞いたことがある人も多いはずだ。順バリはトレンドに沿うこと。逆バリはトレンドに逆らうことだと勘違いしている人がいる。それは全然違う。

逆バリも順バリなのである。逆バリは、順バリの途中で起きる押し目や戻しでエントリーすることなのだ。つまり、逆バリも順バリの一種なのだ。つまり、トレードはトレンドに従う順バリを前提にしていることを理解しているだろうか。

あなたが、円高になっている状況でロングで入りたいなら手法に従うのだ。手法でロングをするなら問題ない。
値ごろ感トレードは時間と金の無駄だ。感覚で相場を当てるトレードは熟練者だけに許されたトレードだ。普通に勝てないなら手法に従い地道にコツコツとトレードするのだ。

カモにならないために何をするべきか

初心者がFXを勉強するときって何から始めれば良いか悩むはず。
だったら、本を読み漁るところから始めて下さい。投資本って高いんですが、(大部分の)使えない(使いにくい)ネットでの情報とは違うので、絶対に読むべきです。本は読んでも勝てないですが、読まないと勝てません。※誰かから習うなら別ですが、、

手法の話と被りますが、本を読んで手法を学ぶのではなく、全体的な考え方を身に付けるのです。手法は、そのあとに自分で作るのだから。このブログでもいずれ、初心者の時にためになった本を紹介します。

まずは、FXの全体像とかローソク足の読み方とかを勉強することになるわけですが、それは本屋によくある入門書で十分かな。あくまで、入門書なんで読んでも全く何も知らない人よりは知識がある程度。勝つのは数年後ってことは常に念頭に置いてください。本当に厳しい世界ですから。

その後は、デモトレードで繰り返し遊んでみて、最低でも連続で三ヶ月は勝ち越せるようになってから、本番トレードをするようにしましょう。並行して入門書を読み終わったら、パンローリング社の本を色々と読み漁る。そして、ほかの分野も本も読み漁る。そして、物事の本質が分かり始め、トレードでも結果がついてくる。

ある程度、トレード経験と本を読み進めて知識を貯めていくと、トレードと知識が1つになるタイミングがきます。まずは、そこを目指しましょう。レベルは急に上がります。パンローリング社の本で良かったのは別記事で紹介します。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です