FXはサラリーマンや主婦でも勝てるのか

FXってサラリーマンや主婦でも勝てるのか

FXをこれから始めようと思っている方や、既に取り組まれている方のほとんどが、サラリーマンや主婦などの兼業トレーダーに該当するかと思います。このブログを読まれている方も、同じように兼業の方が多いはずです。これから始めようとしている人は、日中仕事をして夜遅くに帰ってからトレードでもしようかなと思っているかもしれません。主婦であれば、日中にトレードをしようかと思っているかもしれません。そして、何回かトレードすると気が付くはずです。全然勝てねぇーじゃないかと。

そして、なかなか勝てない人はこう考えます。トレードに取り組む時間がもっとあれば勝てるに違いないと。日中もトレードすればチャンスが増えて勝てるはずだと。で、実際はどうかというと、そんなことは全然ないんです。初心者が日中もトレードし続けたら、さらにぼろ負けするでしょう。私はトレードの意思決定を毎朝5~10分位で決めます。エントリー時に利確も損切りも入れるので、後は放置しています。以前は、4時間足を主体にトレードしていましたが、その時も週に2~3回しかチャートを見ていませんでした。それでも勝てるんです。もっともそこに行くまで数年掛かっていますが、、

トレード回数って多い方が勝ちやすい?

確かにトレード回数が多い方が勝ちやすい(稼ぎやすい)というイメージを持つ方が多いかもしれません。ただ、私は初心者が安定的に勝つということを念頭に置いたとき、トレード回数は少ないほど勝ちやすいと考えています。なぜなら、トレード回数が少ないほど、1つのトレードに注ぐ時間を増やせるからです。昔から、勉強する時の基本は、予習→復習→テストのサイクルが望ましいと言われていますが、FXでも同じです。だから、最初は一攫千金を狙うのではなく、1つのトレードを大事にしましょう。どこかの記事で読みましたが、億超えを達成する個人投資家は、15年ぐらい掛かるのが平均だそうです。もちろん、ハイリスクで一気に稼ぐことも運が良ければ可能かもしれませんがいずれ破綻するでしょう。長く稼ぎ続けること、つまり生き残ることが、稼ぐことにはとても重要なことという点を意識してください。

私は極力リスクを下げてトレードするように意識しています。最近では、1トレードで資金の2~5%未満にしています。私は日足(たまに4時間足)でトレードしていますが、それより短い時間足では私は勝てません。ほんとは、もっとトレードをしてバシバシ資金を増やしていきたいですが、破産確立を計算すると、月に5~10%をコンスタントに増やしていくことのが精一杯ということです。リスクを増やせば、もっとリターンを増やせるかもしれませんが、、、

結局、FXで勝てるのか

私は、先ほど書いたとおり、毎朝5~10でトレードするかを決めるので、サラリーマンや主婦の方でも勝てると思います。ただ、すぐに簡単に稼げることは、絶対にありません。ネットには簡単に月収○○万とか書いてる人もいますがそんなはずはありません。勉強や検証を繰り返し繰り返し数年間やって勝てるかどうかという世界なんです。また、人としての本質のレベルが上がらないと勝てないことも、勉強していく過程で分かってくるかと思います。簡単にいうと、トレードに勝つためには、トレード以外の自分自身のレベルも上げないといけないんだということです。

FXは、為替のプロを相手にするのです。プロ野球選手になるのが大変ってことは、すぐに分かりますよね。相場のプロになるのも相当大変なことなんです。運動神経がいらない分、取り組みやすいとは思います。

FXは、勝てるようになれば、考えがシンプルになり簡単になるというだけなんです。
初めから簡単な訳ではないんです。

まずは、投資に関する本やそれ以外の本も含めて沢山読んで、自分自身を成長させましょう。並行して、FXの検証を繰り返し繰り返しするだけです。兼業トレーダーだと、日中仕事があるからトレード出来ないし、トレードしても気になる方って多いと思います。でも、為替取引が活発になり大きな波が動くのは、夕方のロンドン時間からですし、鍵になるレートを更新するのは、ニューヨーク時間が多いです。スイングであれば、利幅も損切り幅もデイトレードよりは大きくなるので、副業として稼ぎたいサラリーマントレーダーこそ、仕事に影響しないスイングトレーダーとしてゆったりやるべきだと考えています。

毎晩、パソコンに張り付きだと辛いですよね。初心者がチャートに張り付いてトレードするのは、負け組へのスタートラインです。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です