FXでポジポジ病(リベンジトレード)が治らない理由

ポジポジ病はトレード初心者の証

FXや株といった投資関連は、勝っている時よりも負けた時の方がたちが悪いのです。なぜなら、我々人間は感情で動く生き物だからです。お金という人間を最も感情的にさせる取引を行う訳ですから、感情が揺さぶれることはむしろ当たり前かもしれません。

しかしながら、あなたが普段からトレードしたくて仕方がない心理なのであれば、あなたがFXの世界で勝つことはまだ難しいでしょう。プロ(ここでは収支がプラスという意味で)なら、感情だけで判断してトレードできないですから。

FX等の投資全般で言えることですが、トレードで永久に勝ち続けることはできないのです。その勝ち続けられないということを自分に落とし込むことができているかどうかが、ポジポジトレーダーとそうでないトレーダーを分けているポイントとも言えます。

ポジポジ病克服には経験を重ねることが重要

自らの手法の基本が完成すればトレード回数を重ねることで、手法は洗練されていきます。手法が洗練されるとは、より勝率が高いポイントでエントリーできるようになります。そして、より利益を取れるポイントでイグジットできるように成長していくのです。

しかし投資では心理が大切とよく言われているとおり、(手法がなく適当にトレードしている人はそもそも論外ですが)洗練された手法が崩されるとメンタルが負けを受け入れられないことが発生します。特に勝ちが続いている時は、その負けを受け入れられなくなる気持ちが大きくなります。

そして、その負けた分を一度のトレードで取り返そうとする心理が生まれます。これが相場に復讐するリベンジトレードとなるのです。

FXで勝ち続けることはほんとに難しいことです。手法を極限まで洗練し、取り組むことでやっと勝てるような世界なのに、なんの優位性もないリベンジトレードで勝てると思っているなら甘いことです。負けたリベンジをするなら自分自身の練習を重ねることだけなのです。相場は、あなたを負けさせたいのではないです。あなたを勝たせるために、負けたことから弱点を学びなさいと教えてくれているのです。相場は、相場の先生です。学べることはとても多い。相場にリベンジなんておこがましい。むしろ感謝することです。

手法に基づいたトレード経験が増えれば、勝ち続けるのではなく「トレードを重ねた結果、資金が残る」という感覚に到達することでしょう。裏を返せば、あなたがポジポジ病から抜け出せないのなら、手法の勉強や検証作業が圧倒的に不足しているということを認識しましょう。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です