FXや株の初心者が理解していないポジション保有時の思考法

全てのトレードで勝つことはできない

FXや株といった投資は、勝ちと負けを繰り返しながら徐々に資産を増やしていく手法が一般的であり、正解だと私は考えています。

とはいえ、トレーダーというものは、ポジションを保有すれば、上がるのか下がるのか先行きが不安になるものでもあります。しかし、このポジション保有中の心理状況の違いがトレード結果の違いを生むことを理解していますでしょうか。

あなたが保有しているポジションに自信(あるいは無関心)でなければ、そもそも手法どおりにトレードができないということです。少しでも何かに不安があれば、目先のチャートの動きで、その場しのぎの勝手な(自分なりの理論による裁量)判断で決済をしてしまうことでしょう。

しかし、これが最も駄目なトレードなのです。

エントリーもイグジットも事前に決めたルール通りにトレードして初めて手法と呼べることを改めて理解して欲しい。それでこその優位性なのです。

エントリーでもイグジットでも気ままにルールを変えてしまえば、せっかくの手法がギャンブルになってしまいます。

もし、あなたが上記のように自分が保有しているポジションについて、これから上がるか下がるか不安になっているということは、ほとんどの場合、検証が足りていないんだと推測されます。※もしくはポジションが大き過ぎかもしれません。

ただ、誤解してほしくないのは、検証すれば100%勝てるということではないということです。どんなにベストを尽くしても、トレード単位では何割かは負けてしまいます。それでも、それを受け入れてトレードに望んでいるかどうかが大事なのです。

野球の選手は、3割打てれば良いわけで、100%進塁しなければ、引退を考えるような選手はいないでしょう。もちろん、100%を目指すのは間違っていません。理想と現実には常にギャップがあるのです。

FXも同じで、目の前のトレードにベストを尽くすのは疑いもないですが、それでも3割ちょいは負けてしまうのです。でも、6~7割勝てるのであれば、同じことを繰り返すことに注力すべきなのです。

あなたが、ポジション保有中に心配することは、目の前のトレードの勝ち負けではなく、最後まであなたの手法に従える意思を貫けるかどうかなのです。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です