FXで必要なのは、大勝よりも「小さな勝利」の積み重ね

小さな勝利を継続できる技術が必須

FXというのは、レバレッジを使って為替差益で稼ぐ投資です。

だから単に月に100万円稼ごうが1000万稼ごうが、その金額の大小でトレーダーの力量を判断するのは止めた方が懸命ということになります。つまり、100万円で10万円稼ぐのと、1,000万円で10万円稼ぐのは難易度が全然違うということです。もちろん、後者の方が難易度は低いです。リスクにさらす資金が少なくても良いため、安定性が高くなるということになります。

確かに結果として、力のあるトレーダーは大金を稼ぐのですが、FXにおけるトレードの利益というのは、結局のところロット数×pipsだけなのです。

このロット数はその人の資産状況に応じて変わるだけであり、pipsさえ勝ち越せる力があれば、後からいくらでも増やしていけます。つまり、本当に必要なことは、トレードを繰り返しながら、pipsを積み重ねていく技術を身に付けることなのです。

FXという投資は、リスクをなるべく減らしながら(裏を返せば勝ちやすいポイントのみで)、勝ち負けを繰り返しながら、少しずつpipsを積み重ねていく投資です。だから、大金を稼ぐよりも、小ロットでも良いので1年間勝ち越せる力を身に付けるという意識を持つことが何よりも大切になります。

3ヵ月位であれば偶然でも勝ち越せるでしょうが、1年間続けばそれは実力だと言っても問題ないでしょう。

もし、あなたが勝ててないなら目先の金額よりもpipsで年間収支をプラスにする技術を身に付けることを意識してください。pipsでも勝てていないのに、ロット数まで上げてしまうと、意識がpipsとロット数の両方に向かってしまい集中できなくなってしまいます。そして、初心者にはそれが命取りになります。

では、継続して勝てるようになるにはどうすれば良いのかというと、1回のトレードに掛けるリスク(ロット)を極力小さくするということに尽きます。

まずは、pipsを意識して下さい。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です