毎朝5分のトレードで稼ぐ方法を発信しています

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 99 view

FXで損切りが勝つために必要な理由

サラリーマンや主婦などの初心者トレーダーは、損が確定することをとても嫌がる。限られた資金の中で副業として小遣いを稼ごうとしているのに減らすのは耐えられないからである。それはもっともだ。

そもそも、損切りをずらすような負け組トレーダーは、なぜ損切りするのか理解しているだろうか。
ほとんど人が、資金を溶かさないためだと答えるだろう。そんな解答では、100点満点で良くて10点だ。

損切りする最も重要な理由は手法により決めているからだ。
当然と言えば当然だが、通貨ペアやチャートの規模(ボラティリティ)によらず、損切りラインは、検証済みの手法により、最適なリスクリワードを決めているはずだ。

つまり、そこで損切りをずらすことは手法(ルール)に反するということだ。意外かもしれないが、損切りラインを建値に近づけるのも遠ざけるのも両方駄目だということだ。但し、検証により手法の中に損切りをずらすルールがある場合は除くが。

せっかく検証した手法で決めた損切りをルールにない裁量(当たりもしない勘)で決済(利確も損切りも)するから、結局はトータルで負ける現実がある。

損切り(損すること)も手法の一部なのだ。勝つだけが手法じゃない。負けることも手法なのだ。だから、目先の利益を得るためにルールを少しでも破ると、後々も同じことを繰り返してしまう。歯車が狂うのだ。

手法は、エントリー、利確、損切り全てで1つなのだ。負け組トレーダーの勝手な裁量で、手法の利確や損切りを変えることは許されない。トレーダーの判断よりもルールが上なのだ。

損切りは、損を止めるからするのではない。ルールを守るためにするのである。結果は同じでも質が違う。

損切りをずらしてはいけない重要な理由を理解してもらえたはずだ。

後編では、損切りラインを設定レートについて記載する。
あなたは、損切りラインを置くときにどんなことをを意識しているだろうか。

負け組トレーダーのほとんどは、エントリーラインから逆行したレートを適当に決めて設定していることだろう。

ここが問題である。この適当(ここでは曖昧という意味で適当を使っている)というのが厄介なのだ。何が厄介かというと自分で理解して、本当に納得したレートに損切りを置いていないからだ。

大体これぐらい逆行したら撤退かなという中途半端な意識でトレードをしているから、損切りをずらせてしまうのだ。

損切りを置くレートには、どんな意味があるか理解しているだろうか。
勝てないサラリーマンや主婦トレーダーには特に理解してほしい。

損切りは、自分のエントリー根拠が崩れるポイントに設定するのである。
つまり、上昇トレンドでエントリーなら、下降トレンドに変わってしまうと判断するレートに損切りを置くのだ。

ここで、エントリー根拠の意味が分からないという人がいれば、まだ手法が出来ていないということだろう。そういう人は、手法の記事を読んでここまで到達してくれ。

話を戻すと損切りは、手法のエントリー根拠が崩れるレートを設定するから、損切りラインをずらしてはいけないという意味もあるのだ。

つまり、損切りをずらすと、手法(ルール)を破るだけでなく、エントリー根拠を崩したレートを過ぎても決済(損切り)しないわけだから、それはもはや、チャートの天底(反転するレート)を当てにいくという行動に変わってしまっているのだ。これでは、ギャンブルである。

手法とは、エントリー、利確、損切り含めて、トレード前に定めるものである。
ここを肝に命じて欲しい。

FXで損切りできない人はどうすれば良いのか?

ゾーン — 相場心理学入門
という本では、常に平常心というようなことが書かれているが、損切りになったら、残念な気持ちになるのは勝てるようになっても変わらない。

ただ、1つ違うのは、繰り返せば勝ち越せるということを検証結果から知っているということだ。

ある意味では、自分のトレード(手法)に自信を持てているということだ。
初心者や負け組トレーダーはここの部分を理解する必要がある。

FXで負けることを愛せるか?

FX初心者は負けることが大事なのだ。負けなければ、勝つことは出来ない。負けないといけないのである。負けることが必須なのだ。

なぜなら、自分のFX技術を向上させるには負けるしかないからだ。

FXというのは、上がるか下がるかだけだから、適当(自分のルールを破って)にエントリーしても勝てることあるし負けることもある。

しかし、ここでいう負けることとは、自分の手法(もしくは、手法作りの過程)で勝負して負けるという意味だ。FXは、まぐれで勝つことはあるが、負ける時は必ずや原因がある。その意識がとても重要だ。

その原因こそが、成長の鍵なのだ。
例えば、よく見たらローソク足に特徴があったとか、トレンドラインが普段と違ったとか、、、
これが勝ててる時は、分からないのである。

なぜなら、勝ちトレードから弱点は探せないから。勝っているトレードでは、本心から失敗トレードとは思えないからだ。

FXにおいて重要な概念の1つが手法を磨くことである。
手法に完璧はない。

完璧が無いからこそ、完璧を目指し繰り返し改良するのである。改良するなら、勝ちトレードからは無理だ。負けトレードからしか学べないのだ。

初心者は、負けることで強くなる。負けることを愛する位の心意気を持つべき。

FXは反復作業で勝つのが最も簡単


私のトレードは、手法にはまるチャートが出るまで待ってからエントリーするだけなのだが、やはり何度トレードしても利益確定は難しい。戻りを意識して恐れが出てしまう。損切りは簡単なのだが。

勝ち続けることは上位5%の人にしかできない。なぜなら、ほとんどの人が再現性を持っていないから。人(自分)の判断なんてあてにならない。

トレード職人になるのである。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. ボラティリティ復活!?ポンドが動き出す

  2. トレード結果を記録することの重要性

  3. FXはニュースで取引しても勝てない

  4. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  5. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

PAGE TOP