FXプロトレーダーhesoが相場で勝つための極意を発信しています。

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 11 view

FXで損切りする理由(前編)

サラリーマンや主婦などの初心者トレーダーは、損が確定することをとても嫌がる。限られた資金の中で副業として小遣いを稼ごうとしているのに減らすのは耐えられないからである。それはもっともだ。

そもそも、損切りをずらすような負け組トレーダーは、なぜ損切りするのか理解しているだろうか。
ほとんど人が、資金を溶かさないためだと答えるだろう。そんな解答では、100点満点で良くて10点だ。

損切りする最も重要な理由は手法により決めているからだ。
当然と言えば当然だが、通貨ペアやチャートの規模(ボラティリティ)によらず、損切りラインは、検証済みの手法により、最適なリスクリワードを決めているはずだ。

つまり、そこで損切りをずらすことは手法(ルール)に反するということだ。意外かもしれないが、損切りラインを建値に近づけるのも遠ざけるのも両方駄目だということだ。但し、検証により手法の中に損切りをずらすルールがある場合は除くが。

せっかく検証した手法で決めた損切りをルールにない裁量(当たりもしない勘)で決済(利確も損切りも)するから、結局はトータルで負ける現実がある。

損切り(損すること)も手法の一部なのだ。勝つだけが手法じゃない。負けることも手法なのだ。だから、目先の利益を得るためにルールを少しでも破ると、後々も同じことを繰り返してしまう。歯車が狂うのだ。

手法は、エントリー、利確、損切り全てで1つなのだ。負け組トレーダーの勝手な裁量で、手法の利確や損切りを変えることは許されない。トレーダーの判断よりもルールが上なのだ。

損切りは、損を止めるからするのではない。ルールを守るためにするのである。結果は同じでも質が違う。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

  • 20171107204810413.jpg

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. トレード結果を記録することの重要性

  2. FXはニュースで取引しても勝てない

  3. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  4. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

  5. トレードは忘れるぐらいがちょうど良い

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

▽heso式FXチャートリーディング手法

▽FX超入門講座

▽「FXの歩き方」ラジオシリーズ

▽勝てるエントリーポイントを解説

PAGE TOP