毎朝5分のトレードで稼ぐ方法を発信しています

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 168 view

FXでサラリーマンや主婦が勝てない理由

FXのトレーダーは、10%の勝ち組と90%の負け組で構成されている。また、1年も経たずに勝つトレーダーもいれば、10年以上やっても勝てないトレーダーもいる。

当たり前だが、勝ち組と負け組の間には、その勝敗を分ける決定的な差がある。それは、運なんかではない。

あなたはそのことを理解しているだろうか。
FXというのは、不思議なもので、長く経験しても万人が勝てるようになるわけではない。正しい成長のステップを踏んでいかなければ、経験と成長が比例しない学問なのだ。学校で習うような学問とは属性が違う。

正しい成長方法を知らないからFXはどれぐらい勉強すれば勝てるか知りたがる。あなたも心当たりがあることだろう。そんな初心者は非常に多いのだ。

特に勝てていないサラリーマンや主婦トレーダーは普段から、そんなことばかり気にしているかもしれない。しかし、そういう人はFXの本質を全く理解していない。そのままでは勝てない。

何度も言うが、あなたが学校で習ってきた学問とFXは全く違うのだ。
学問は、暗記と応用を繰り返し努力することで比例して成績があがっていく。ある意味、努力が報われる世界だ。経験している人も多いだろう。

しかし、FXは努力しても勝てない。報われないのだ。もちろん、努力しないと勝てないが、「意味のある努力」を重ねないと1ミリも成長しない。

だから、何年もチャートを見たり、規則性のない裁量トレードを繰り返しているような「意味の無い努力」だけでは、急に勝てるトレーダーになれない。これを経験と勘違いするトレーダーが後を絶たないのが残念だ。経験とは、成長の糧になるものを指す。

FXを1年以上経験して勝てていない人は心当たりがあるだろう。FXは、長く続けているから勝てるなんて甘い世界ではない。

FXにおける意味のある努力とは何か。
言い換えれば、意味の無い努力ではないということである。自分がどういう意図で、どのような理由で、FXに勝つためにその努力をしているのか。

そして、それを第三者に説明したとき、相手にその努力の意味を理解させることができるか。ということである。文章にすると難しいが、単純なことである。

例えば、チャートを見ているだけでは、意味の無い努力だ。しかし、チャートからチャートパターンがどのように発生しているかを見ているなら、それは意味のある努力と言えるだろう。なぜなら、データが蓄積可能だから。

トレードでの努力も同じだ。とりあえず上がりそうとか下がりそうとか薄い根拠(裁量)で取引するのは意味の無い努力である。逆に手法に従い、同じトレードルールを繰り返すのは意味のある努力である。なぜなら、先程同様、意味のあるデータが蓄積できるから。

どうだろうか。意味のある努力と意味の無い努力の違いは、意味のあるデータが蓄積出来るかどうかの違いなのだ。

意味のある努力を行い、意味のあるデータ蓄積を行う。そして、そのデータを成長材料にする。これが、成長するための基本行動なのだ。

あなたは、意味の無い努力をしていないだろうか。残念だが、それでは永久に勝てない。

サラリーマンはFXと相性最悪という事実

FXでトレードをしている人の約90%は負けている。負け組トレーダーは、勝つために色々な武器を求める。この2つの事実は、どんな意味があるか考えたことがあるだろうか。

一般のサラリーマン社会では、ある意味ジェネラリストが重宝される。つまり、コミュニケーション能力があり、数字に強く、パソコンにも強い、そして、仕事の専門知識もある。というような人が評価される。当たり前である。

そういう人が、仕事が出来るからである。しかし、FXは違うのだ。それはなぜか。

サラリーマンは、仕事の成績により多少変動するが、出勤していれば報酬を貰える。つまり、サラリーマンはある意味100%勝ち組なのだ。負け組はいない。会社内での優劣はもちろんある。

ただ、報酬という意味では勝ち組なのだ。

FXは違う。10%しか勝てないのだ。サラリーマンとは、競争率が違いすぎるのだ。にも関わらず、ほとんどの人が、色々な武器を探そうとする。色々な手法で勝とうとするのだ。それは、サラリーマン社会では有効だ。でも、上位10%しか勝てない世界では中途半端な能力になるのだ。

この考え方が、一般人には理解出来ない。勝てないあなたも理解できていないはずだ。

では、上位10%に入るにはどうすれば良いか?

それは、1つの武器を極めるのだ。1つの武器だけを極めて、なんとか上位10%に入るのだ。1つの武器は何でも良い。レンジ相場を極めてもフラッグを極めてもヘッドアンドショルダーを極めても。好きなものを極めて勝負するしかない。

FXはジェネラリストではなくスペシャリストを目指せ。

初心者がFXで勝てるようになるまでの期間

このブログを読んでいる人の多くは、まだ勝てていないトレーダーだろう。FXの基礎知識を学んでいる段階の人もいれば、勝てるといわれる手法の聖杯を求めている負け組トレーダーもいるはずだ。

さらにレベルが上がり、自分の手法の優位性を理解するところまで到達している人もいるかもしれない。そうなれば、勝ち組トレーダーも近い。

FXで勝てるようになるまでに期間がある程度かかるのには理由がある。

まず、基礎知識習得期間だ。株とか先物経験者でない限り、FXのチャートを初めて見ても、全く意味が分からないはずだ。その状態から、ローソク足や取引方法を学んでいく。もちろん、このレベルではスタートラインにも立っていない。

ここから、実践トレードをスタートするものが多いだろう。もちろん、勝ち続けられない。そこで、機転の効く有能な初心者は、検証トレードを行うようになる。検証トレードをしながら、自分の手法を作り込む段階に進む。この段階にこれる人も少ないのではないか。数ヵ月検証トレードで勝てるようになれば、いよいよ実践だ。

実践トレードは、練習とは違う。やはり、本番でしか学べないものがある。そうこうして、本番で負けた部分を補強していく。そして、手法を完成させる。微調整は継続的に行うが。

これで、初めて継続的に勝てるトレーダーになるのだ。
だから、継続的に勝てるトレーダーになるには早くても1~2年はかかるのだ。

FXは自分以外を信じるな

こうしてブログで発信している身としては矛盾するが、FXは自分以外信じてはいけない。

あなたは、FXをどうやって知っただろうか。ネットで簡単に儲かる投資と書いてあったから始めたというような人が多いだろう。

私も含め多くの人は、外部からの情報に影響を受けているのだ。必要な情報も不要な情報も無意識で無条件で受け取っている。

街を歩けば広告看板ばかりで、電車やバス、タクシーでも広告を目にする。街の至るところに情報が溢れている。学校でも会社でもネットでも多くの人が意見を発信している。正しい事もあればそうでないこともあるだろう。

だが情報は厄介なのだ。人は、情報に惑わされる。あなたの周りには情報が溢れ過ぎている。FXもそうだ。

スイングが良いという私もいれば、スキャルピングが勝てるという人もいる。いやいや、シグナルが簡単だという友人もいるだろう。

FXは危ないから、株とか仮想通貨が楽に稼げると発信している人もいるはずだ。でも、惑わされてはいけない。

あなたが勝つには、あなた自身が勝つ方法を見つけるしかないのだ。私を含め、あなたのことを惑わす人を信じてはいけない。
信じるなら自分で試したものだけを信じてくれ。

FXは、他人からの情報で勝ち続けられない。ニュースも含めて誰の意見も聞いてはいけないのだ。

早く勝ちたいなら勝ち組トレーダーに聞くしかない

FXで勝ちたかったら、勝っているトレーダーに基本を聞いた方が早い。私もそうだが、独学で勝てるようになるには、勉強量と閃きや運が必要になるからだ。

しかし、ネットの世界には偽者勝ち組トレーダーが沢山いる。そこは自分で見極めるしかない。トレードで損するなら、学びにお金を投資するべきである。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. ボラティリティ復活!?ポンドが動き出す

  2. トレード結果を記録することの重要性

  3. FXはニュースで取引しても勝てない

  4. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  5. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

PAGE TOP