FXプロトレーダーhesoが相場で勝つための極意を発信しています。

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 17 view

FX負け組トレーダーが知らない分析方法

FXには、取引するための分析材料として大まかに3つのグループに分かれる。

1つ目は、「ファンダメンタル分析」である。いわゆるニュースや指標、政治等の動きを背景にトレード戦略を組み立てる方法だ。例えば、北朝鮮がミサイルを打ち、リスクが高まるとドルや円が買われるといったものだ。

2つ目は、「テクニカル分析」である。チャートに表示されているローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンド、オシレーター等のグラフを基に分析する。

3つ目は、トレーダーの「勘」による取引だ。意外に、値ごろ感とか何の根拠も無く取引をしている人が多いような気もする。

あなたは、どのタイプで分析をしているだろうか。

初心者や負け組トレーダーほど、ネットやテレビ、ブログの情報をあてにして、その場しのぎ(断片的なニュースから判断するような)トレードをしていないだろうか。

ネットやテレビ、新聞に記載されているような情報をファンダメンタル分析と称して取引をしていないだろうか。

私も含めて、ネットやテレビ、新聞の情報等のメディアから発信される情報は、FXトレードに役立つという点では全く古い情報だ。その事を理解しているだろうか。

あなたが、得意気に得た秘密の情報など、世界中の人が知っていることなのだ。
プロの投機筋や金融機関を相手にしていることを忘れてはいけない。プロ相手に素人が得た情報戦で勝てるはずがない。

まだ、ファンダメンタル分析で勝負するなら勘のがマシである。
初心者トレーダーであるサラリーマンや主婦は、ネットのニュースなんかあてにせず、チャートの基本を学びテクニカル分析を学ぶことに注力すべきだ。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

  • 20171104200930949.jpg

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. トレード結果を記録することの重要性

  2. FXはニュースで取引しても勝てない

  3. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  4. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

  5. トレードは忘れるぐらいがちょうど良い

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

▽オンラインサロン「FX自習室」

▽FX超入門講座

▽「FXの歩き方」ラジオシリーズ

▽FXトレード戦略シリーズ

PAGE TOP