【私のトレード環境について】

FXで勝つために必要なトレード環境とは

よくご質問を頂くので、FXで勝つために必要なトレード環境を解説していきます。

記載している内容は、現時点での私のトレード環境になります。

FXは投資ビジネスですので、相応の準備が必要になります。

これから、本格的にFXを始める方の参考になればと思います。

【FX取引で必要な3種の神器】

1.パソコン

2.FX取引口座

3.本

以上です。少ないと感じたでしょうか。

私のFX経験上、上記の3点があればFXで勝つための環境が整ったと言えます。では、もう少し詳細を見てみましょう。

1.パソコン環境について

パソコン環境についてですが、私は15インチのレノボ製(E580)Corei5のノートパソコン1台のみを使用しています。これまで不便に感じたことはありません。

FXトレーダーだと、パソコンモニターを何個も配置してトレードしているイメージがあるかもしれませんが、全く必要ありません。そんなに急いで判断することは無いので、むしろ邪魔になるでしょう。

FXではパソコンで

①FX取引(FX会社のトレードツール、MT4)

②取引結果の記録(Excel、kingsoft等)

③フォレックステスター(FX検証ソフト)

の3点にしか使いません。

そのため、スペックがそこまで高くなくても問題ありません。心配であれば、Corei3以上をおすすめします。また、スマートフォンでもトレードはできますが、上記3点はFXに取り組むにあたり必須の内容になりますので、デスクトップでもノートタイプでも構いませんのでパソコンは準備しましょう。

画面のサイズも大きい方が見やすいことは確かですが、15インチ程度あれば問題ありません。パソコンの価格も10万円しない程度のスペックで十分です。

2.FX口座について

FXの口座は、大きく分けて2種類あります。それは、国内口座と海外口座です。それぞれ、運営しているFX会社が国内か海外かという違い(税金も変わってきます。)になります。また、国内FX会社の場合、各社オリジナルのチャートソフトがありますので、自分に合ったものを見つける必要があります。

一方、海外口座は、ほとんどがMT4という共通ソフトを使っているので、安全面やサービス内容から会社を選ぶと良いでしょう。

私は国内口座は10社ほど、海外口座も5社ほど開設しましたが、その中で実際に使ってみて、利用しやすい口座を紹介させて頂きます。

また、FX口座の開設ですが、国内口座+海外口座を組み合わせて使っています。FXのチャートは、各社ごとに価格が若干異なるケースがあるということと、日本時間とニューヨーク時間(MT4)のチャートをすぐ確認できるようにするためです。また、国内口座でも(FXで非常に大切な)約定率が違うので、チャート分析用と取引用の口座を2種類持つという選択肢も視野に入れましょう。

初心者は口座を作る手間を面倒くさがりますが、FXにおける仕事道具なのでしっかりと準備しましょう。

【国内FX口座おすすめランキング】

第1位 GMOクリック証券【FXネオ】

≪GMOクリック証券≫【FXネオ】超高性能な新チャート。多彩な機能・快適な取引ツールを搭載!

第1位は、国内FX会社の王道中の王道ですが、GMOクリック証券になります。「チャートが非常に見やすい」これに尽きます。この会社のチャート(ローソク足等の配色等々)に慣れると、他の会社では分析したくなくなります。それぐらいバランスが良い会社になります。ただ、約定率(指定した金額で約定させる力)が、たまに不安な時もあるのがネックです。とはいえ、1社しか口座を作る予定がない人はこの会社以外選択肢がありません。

第2位 ヒロセ通商【LION FX】

通貨ペア50種類!ヒロセ通商【LION FX】

第2位は、ヒロセ通商のLIONFXです。ここのチャートも非常に見やすく、経済指標等のスケジュール確認が分かりやすいため、第1位のGMOクリック証券と併用してチャート分析をしています。ここは、キャンペーンも充実していますが、今回はそういうのは抜きにして、FXトレーダーとして勝つために必要なツールとして選定しています。チャート分析において上記2社があれば十分です。他はいりません。

【海外FX口座について】

第1位 XMTrading

海外口座と言えば、XMTradingと言っても過言では無いぐらいFX海外口座を一般的にした会社になります。大きな特徴は、初心者に優しいボーナスサービスが準備されており、国内FX会社よりも少額からFXを体験できるメリットがあるので、使っていました。日本語のサポートもしっかりしており、英語ができない人でも国内FX会社と変わらない取引ができます。また、MT4(FX取引ソフト)が使えるので、国内口座と併用してチャート分析を行えるのが良かったです。

国内口座と比べると若干スプレッド(1トレードの手数料)が高いのですが、それを補う以上のメリットがあるので、使いやすかったです。海外口座で実践向きなのは、XMでした。

私は、他にも海外口座を使っていますが、サイトも日本人にも分かりやすく、優しいので助かります。

ネットやメディアでは、海外口座はハイレバレッジで危険というイメージを植え付けてきますが、逆に小額しかFX会社に預けずトレードができることと、国内口座にはないゼロカットシステム(急な価格暴落等による追証※追加入金不要)があるので、資金管理をしっかり行えば、入金した金額以上を絶対に失わないという安心感があります。

FXでは、スイスショック等の急激な価格変動が発生するケースもありますので、このゼロカットシステムがあるという安心感は他のどのサービスでも埋められないと思います。

3.本について

FXで勝つためには、自分自身への投資も惜しみなく行いましょう。FXで勝つためには、大衆心理(一般社会)と逆の発想を持ち、取り組まなければなりません。そのため、テレビやネット等の一般大衆が影響を受けているものから、距離感を置く必要があります。その距離を置くために必要なものが読書なのです。

本を買う習慣が無い人からすれば、本というのは高額に感じるかもしれません。しかし、実体験からも本に投資した金額以上に自分自身の力として返ってきますので、ケチらずに勉強するようにしてください。

また、FX初心者やなかなか勝てていないトレーダーの方は、FXや投資関連の書籍を読むだけでなく、スポーツや将棋等の勝負の世界で生きている一流選手がどのように物事を捉えているかを吸収していくことも成長に繋がります。

以上、FXで勝つために必要な3つのポイントを記載させて頂きました。

初心者トレーダーの参考になれば幸いです。

引き続き、「日足トレードで稼ぐFXのへそブログ」を宜しくお願いします。