トレード結果を記録することの重要性

あなたは、FXのトレード記録を取っていますでしょうか。

確かに、トレードの都度、記録を取るという面倒なことかもしれません。毎日毎日、トレード結果を記録する時間が無いという人も多いかもしれません。

しかし、そのようなトレードに励んでいる人のほとんどが勝てていないトレーダーなのではないでしょうか。また、記録をするのが億劫になるほど、トレード数を重ねている初心者で勝てている人がいるでしょうか。

 

安定して勝てる力が無い初心者トレーダーがトレード数を多くした分、利益も増えているということはあり得るのでしょうか。

 

トレード歴が数年も無いのに、1日に10回も20回も取引してる人は、負け組トレーダーの道を進んでいることを自覚した方が良いでしょう。

結果、勝てていないのが何よりの答えかもしれません。

あなたがFXで勝ち続けたいのであれば、まずは4時間足(おすすめは日足)以上の時間足でゆっくりトレードするべきなのです。

短い時間足では、トレード数が増加してしまい、自分のトレードを振り返り分析が出来ないのです。

稼ぎたいなら、学習の基本サイクルを思い出しましょう。

予習→実践→復習→予習→実践→復習、、、

まずは、長時間足で自分の手法に優位性(手法を繰り返すことで、資金が増えていく割合)があることを記録で判断します。

また、どの通貨ペアが高確率で利益を増やせる相性の良い通貨ペアなのかも記録を取らなければ、判断できません。逆に、利益を出しにくい通貨ペアでは取引をしないようにする必要もあります。

ロングとショートもどちらが相性が良いのかを判断する材料にもなります。
このようにトレードの細かい記録を貯めていくことで、自分の手法を磨いていくのです。

もし、あなたがトレード記録をとれないぐらい数多く取引をしているのであれば、永久に負け組トレーダーから抜け出せないことを意味しています。

短時間足で勝ちたいなら、まず長時間足で勝てるようになってからにしましょう。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼

クリックしてくれると記事を書く励みになります。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です