FXで勝てないのは「ローソク足」の本質を知らないから

ローソク足に始まりローソク足に辿り着く

FXでも株でも投資を始めた方がまず目にするのは、ローソク足で構成されたチャートだろうと思う。ここで質問です。あなたはローソク足がもつ本当の意味を知っていますでしょうか。おそらく多くの人が、ローソク足は「始値」、「終値」、「高値」、「安値」で構成されているということぐらいしか知らないでしょう。

実はローソク足の分析だけで、その相場の様々な状況を把握することができます。というより、ローソク足以外のテクニカル系(オシレーター等)のツールは全て、チャートを分析するという点で補助的な機能しか持っていないことも付け加えておきます。相場の分析に絶対的な答えはありませんので、ローソク足以外をメインで使って勝てている人もいるかもしれませんが、、、私自身の経験から言わせてもらえば、ローソク足だけで相場と向き合う方がよっぽど勝ち組に入りやすいと断言できます。初心者は、ついついローソク足だけではエントリーポイントを判断できず、移動平均線やMACD等を使ってトレードしようと考えてしまいます。しかし、その行動は相場の本質から離れてしまっています。

ローソク足を分析すると言っても、ローソク足の組み合わせを細かく覚える必要なんてありません。ローソク足の形を単独で考えるだけでは勝つという視点においては意味がないのです。意識されているラインや水平線、チャートパターン等々「重要なレートポイント」でローソク足がどのように動いているかを分析することが大切なのです。そのため、単体のローソク足のヒゲを見てトレードをしても騙されるだけでしょう。

ローソク足だけでできる簡単な分析法

相場には、上昇トレンド、下降トレンド、レンジという3種類の状態があります。

この状態を「ローソク足」という視点で考えるとどうなるでしょう。

ここからは、チャートと見比べながら読んで頂けると分かりやすいかと思いますが、「上昇トレンド」の時は、ロング側(陽線)のローソク足の数が多くなり、「下降トレンド」の時は、ショート側(陰線)のローソク足の数が多くなっています。レンジの時は、それぞれのローソク足が入り乱れていることが分かるかと思います。

つまり、陽線が多く(大きく)なってきたら、上昇トレンド。陰線が多く(大きく)なってきたら、下降トレンドかなという分析もできるわけです。ここで、もう少し踏み込んで考えてみましょう。ローソク足の「実体」がもつ意味です。実体とは、ロウソク足のロウ(ヒゲ以外)の部分です。

実は、この実体に注目するとさらに面白いことが分かります。それは、上昇トレンドの頂点付近(上昇する力が落ちてくる)では、ロング側(陽線)のローソク足の実体が小さくなっているケースが多いということです。

例えば、上昇トレンドの終盤で出てくることが多い「ピンバー」という形は、ロング側が頑張ったものの、ショート側が応戦してレートが戻されたため、実体が戻されヒゲになっている状態(実体がほとんどない)なわけです。ローソク足の「実体の大きさ」というのは、ロングとショートの戦いの結果ともいえます。だから、同じようなヒゲの形をしたローソク足でも、そこまでの流れから意味合いが全く変わってくるのです。上昇トレンドが終わる時も下降トレンドが終わる時も同じようなローソク(ロングの実体が小さい)が出るのはそのためです。

つまり、ローソク足の数・実体・ヒゲを分析することで、その場を支配しているのがブル(買い、ロング)側かベア(売り、ショート)側かを判断することができます。ローソク足が読めないと、ブル(牛)とベア(熊)の戦いの状況は読めないのです。

勝ちたいなら長期足から学ぶことが大切

相場から毎月決まった利益を得るのは不可能だろう。なぜなら、チャートには「ほとんど」再現性がないからだ。

しかし、この「ほとんど」というのが肝なのである。

チャートをよく見て欲しい。
同じ動きをしているチャートの特長が見えてくるだろう。その自分で発見した特徴を自分の手法として磨いていく。

それが、勝ち組トレーダーである。

私が長期足をすすめる理由は何個もあるのだが、長時間足で意識されているレートは、当然下位のローソク足でも意識されているから、動きが分かりやすいのです。この特徴が長期足のが分かりやすいのです。

でも、人間の心理としては、手っ取り早く稼ぎたいと思うから、短い時間足が人気なんですね。

だから、ほとんどの人が勝てないのです。そこがトレードの難しいところ。

 

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です