FXや株の「勝ち」と「負け」の定義

投資における勝敗の定義

FXや株における「勝ち」と「負け」とは、一体なんでしょうか。
あなたは、明確に答えられますか?

大抵の負け組トレーダーは、こう考えるでしょう。

「利益確定=勝ち、損切り=負け」

果たして、本当にそうでしょうか。

FXや株では、何度も述べているように優位性(優位性の説明は他の記事を読んでください)のある手法を繰り返すことで、勝ち続ける事ができます。この考え方が絶対です。

だとすると、自分の手法を守らずに利益確定することも、利益があるから「勝ち」と言えるのでしょうか。

私はそれは違うと考えています。なぜなら、それでは手法(優位性という期待値を踏まえたルールを守るという絶対的なもの)を守る意味が薄れていくからです。それでは、元の木阿弥。

目先のトレードで生じる利益や損切りで、勝ち負けを捉えているうちは、トレーダーとしてまだまだ半人前ということなのです。

FXにおける「勝ち」「負け」というのは、手法を守ってトレードしたかという一点のみを重視することなのです。

手法を守らずに利益を出しても、それは「負け」ていることと同義なのです。

そこを是非肝に命じて欲しい。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です