初心者がFXで勝つには「視覚」的思考が簡単

FXは非常に難しいけれど、難しい理論や計算はいらない

株やFXなどの投資世界では、決められているルールがほとんどありません。取引数量も取引時間も取引銘柄も全て自由です。単純な比較はできませんが、様々なルールで縛られている実世界の仕事とは大きな違いがあると言えるでしょう。

好きな通貨を好きな時に買い、好きな時に売る。トレードというのは、それだけなのです。それだけなのですが、そこに勝ち組と負け組が生まれてしまうのです。

株やFXを少しでも取り組んだ人なら分かると思いますが、投資で稼ぐ(というより安定的に勝てるor生き残る)ことは、とても難しいことなのです。そこに異論はなく、私もそのように考えています。そして多くの人が、「難しいこと」を解決するには、「難しい方法」が必要だと考えています。

では、FXにおける難しい方法とは何でしょうか。

それは、あなたのようにチャート画面にインジケーターを沢山表示させ、水平線やトレンドラインを沢山引きながらトレードをすることだと私は考えています。チャートがごちゃごちゃして見にくい。でも、沢山のツールに守られているという安心感があるかもしれません。そして、あなたはそのごちゃごちゃしたチャートを見て、自分なりにもっともな理由を付けてトレードをすることでしょう。そして、沢山のツールがあるにも関わらず、なぜか負けてしまうのです。難しい方法でトレードしているのになぜか勝てないのです。

結局、基礎を極めることが勝ち組への近道

トレードだけではありませんが、結局のところ基礎を極めることが、勝ち組への近道になるのです。トレードの基礎とはなんでしょうか。

それは「ローソク足」です。ローソク足を読み解けるようになるだけで、勝てるようになるのです。

私は、実際にローソク足しか見ていませんし、そこに難しい計算や理論なんて考慮していません。ただ、ローソク足を見て、背景にあるストーリーを読み解いているだけです。勝てる手法はシンプルなんて言われていますが、まさに私の手法のベースは、小学生にも説明できるぐらいシンプルです。難しい計算やグラフなんて必要ありません。

つまり、FXトレードに必要なのは「視覚的な捉え方」ということなんです。世界中のトレーダーが、トレードの判断材料に使っているのは、結果として(元を辿れば)チャート(価格の動き)になります。チャートの動きは、様々な思惑の結果が表れた答えなのです。

チャート(価格の動き)は、式や数値でとらえる訳ではありません。※もちろん簡単な計算しますが、あくまで全体像の捉え方という意味で。

勝てるトレーダーというのは、それぐらい簡単に視覚的にチャートを捉えています。だから、複数時間足の分析(マルチタイムフレーム)をしなくても勝てます。自ら難しくするのを止めた方が良いでしょう。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼クリックしてくれると嬉しいです。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です