FXプロトレーダーhesoが相場で勝つための極意を発信しています。

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 14 view

FXでサラリーマンや主婦の努力は報われない(後編)

FXにおける意味のある努力とは何か。
言い換えれば、意味の無い努力ではないということである。自分がどういう意図で、どのような理由で、FXに勝つためにその努力をしているのか。

そして、それを第三者に説明したとき、相手にその努力の意味を理解させることができるか。ということである。文章にすると難しいが、単純なことである。

例えば、チャートを見ているだけでは、意味の無い努力だ。しかし、チャートからチャートパターンがどのように発生しているかを見ているなら、それは意味のある努力と言えるだろう。なぜなら、データが蓄積可能だから。

トレードでの努力も同じだ。とりあえず上がりそうとか下がりそうとか薄い根拠(裁量)で取引するのは意味の無い努力である。逆に手法に従い、同じトレードルールを繰り返すのは意味のある努力である。なぜなら、先程同様、意味のあるデータが蓄積できるから。

どうだろうか。意味のある努力と意味の無い努力の違いは、意味のあるデータが蓄積出来るかどうかの違いなのだ。

意味のある努力を行い、意味のあるデータ蓄積を行う。そして、そのデータを成長材料にする。これが、成長するための基本行動なのだ。

あなたは、意味の無い努力をしていないだろうか。残念だが、それでは永久に勝てない。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

  • 20171109215933464.jpg

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. トレード結果を記録することの重要性

  2. FXはニュースで取引しても勝てない

  3. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  4. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

  5. トレードは忘れるぐらいがちょうど良い

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

▽オンラインサロン「FX自習室」

▽FX超入門講座

▽「FXの歩き方」ラジオシリーズ

▽FXトレード戦略シリーズ

PAGE TOP