FXプロトレーダーhesoが相場で勝つための極意を発信しています。

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 16 view

FXで損切りする理由(後編)

前回の記事で、損切りをずらしてはいけない重要な理由を理解してもらえたはずだ。

後編では、損切りラインを設定レートについて記載する。
あなたは、損切りラインを置くときにどんなことをを意識しているだろうか。

負け組トレーダーのほとんどは、エントリーラインから逆行したレートを適当に決めて設定していることだろう。

ここが問題である。この適当(ここでは曖昧という意味で適当を使っている)というのが厄介なのだ。何が厄介かというと自分で理解して、本当に納得したレートに損切りを置いていないからだ。

大体これぐらい逆行したら撤退かなという中途半端な意識でトレードをしているから、損切りをずらせてしまうのだ。

損切りを置くレートには、どんな意味があるか理解しているだろうか。
勝てないサラリーマンや主婦トレーダーには特に理解してほしい。

損切りは、自分のエントリー根拠が崩れるポイントに設定するのである。
つまり、上昇トレンドでエントリーなら、下降トレンドに変わってしまうと判断するレートに損切りを置くのだ。

ここで、エントリー根拠の意味が分からないという人がいれば、まだ手法が出来ていないということだろう。そういう人は、手法の記事を読んでここまで到達してくれ。

話を戻すと損切りは、手法のエントリー根拠が崩れるレートを設定するから、損切りラインをずらしてはいけないという意味もあるのだ。

つまり、損切りをずらすと、手法(ルール)を破るだけでなく、エントリー根拠を崩したレートを過ぎても決済(損切り)しないわけだから、それはもはや、チャートの天底(反転するレート)を当てにいくという行動に変わってしまっているのだ。これでは、ギャンブルである。

手法とは、エントリー、利確、損切り含めて、トレード前に定めるものである。
ここを肝に命じて欲しい。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

  • 20171108150750326.jpg

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. トレード結果を記録することの重要性

  2. FXはニュースで取引しても勝てない

  3. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  4. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

  5. トレードは忘れるぐらいがちょうど良い

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

▽heso式FXチャートリーディング手法

▽FX超入門講座

▽「FXの歩き方」ラジオシリーズ

▽勝てるエントリーポイントを解説

PAGE TOP