FXプロトレーダーhesoが相場で勝つための極意を発信しています。

  1. 手法・思考法・資金管理
  2. 27 view

FXでの理想的な勝率

優位性のある手法を繰り返せば、勝ち負けを繰り返しながら資金が増えていくということは、常に説明しているとおりだ。

優位性のある手法であれば勝率は関係ない。まず、負け組トレーダーは勝率なんぞどうでもよいということをしっかり認識してもらいたい。

仮に同じ利益を出せる手法が2つあったとする。それぞれの手法の勝率は、90%と10%だ。
この2つの手法のうち、あなたはどちらの手法を選ぶだろうか。
ほとんどの人が、勝率90%の手法を選ぶだろう。利益額は、同じにも関わらずだ。しかし、それは間違っていない。ほとんどの人は本能的に負けるのが嫌だからだ。

だとすると、巷では基本と言われている損小利大の考え方が、絶対的に正しいということではなくなる。ほとんど人が、損小利大の思考に合わないのである。勝率90%で損小利大の手法は現実的にあり得ない。勝率が高くなれば、コツコツドカントレードになるからだ。

もちろん、勝率10%でも資金が増えるなら負けを気にせずにトレード出来る人もいるだろう。ただ、勝率10%では、ほとんどの人が資金が増えても勝っている精神状況にならないはずだ。
勝率は難しい。

もちろん勝率というのは手法ごとに異なる。つまり、自分にとって心地が良い勝率(負ける割合の許容範囲)の手法でないと、どんなに優れた手法でも自分のメンタルとリズムが合わない。そうなると、ルールを犯してしまうのだ。他人の手法を聞いても意味が無いという理由はそのためだ。

FXにおける勝率は重要だ。これは、勝つ割合が高ければ良いという意味ではない。自分のメンタルに合った手法を作るための要素として重要という意味なのだ。

では、また次回。
↓押さなくても良い記事を書いていきます‼でも、クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング

  • 20171107121928834.jpg

手法・思考法・資金管理の最近記事

  1. トレード結果を記録することの重要性

  2. FXはニュースで取引しても勝てない

  3. FXは「意見」を捨て「事実」で勝つ。

  4. FX初心者に必要なのはメンタルよりもスキルの向上

  5. トレードは忘れるぐらいがちょうど良い

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

月別記事リスト

▽オンラインサロン「FX自習室」

▽FX超入門講座

▽「FXの歩き方」ラジオシリーズ

▽FXトレード戦略シリーズ

PAGE TOP