FXトレード結果 <2020年1月> 

現在は、日足でドル円・オージー円・ニュージー円・ポンド円・ユーロ円・
ポンドドル・ユーロドル・オージードル・ニュージードル・ユーロポンド・ポンドオージー・ユーロオージーの12通貨でトレードをしています。チャートは、GMOクリック証券とXM(MT4)で判断しています。リスクリワードが1:1.1~1.2・勝率60%程度なので、参考程度にお読み下さい。

トレード結果報告

1月のトレードですが、オージー円1勝・ドル円1勝・ユーロ円1勝・ポンドオージー1勝1敗・ユーロオージー2敗・ニュージー円1敗・ポンド円1敗・ポンドドル1敗と、ボラが高かったこともありトレード回数も伸びました。結果は、4連勝⇒6連敗というメンタルに刺激を与えるトレード内容でしたが、ブレずに淡々と向き合えました。

▽勝てないトレーダーとの違いがあるとすれば、以下3点だと思っています。

①チャンスを待てること(チャンスが来るまでノートレードで1ヵ月待てますか?)

②リベンジトレードを絶対にしないこと(連敗が続いても、リベンジしたいと考えたり、手法を変えたりしないことを1年間継続できますか?)

③相場に期待しないこと(相場に期待するのではなく、事実を見て行動するだけ)

相場で勝つためには、統計と期待値で僅かな優位性を武器にトレードを繰り返していくしかありません。手法を守り繰り返すという単純な行為なはずなのに、なぜここまで難しいのかということを理解しなくては、次のステップへ進めません。

もし、あなたが勝てていないのであれば。手法の優位性を判断するためにも少なくとも1年間の収支で判断するようにした方が良いです。というより必須条件です。

なぜなら、確率のバランス(優位性)を確認するためには、それぐらいの期間で判断する必要があるためです。

1月トレード結果  4勝6敗(勝率40%)

2020年累計結果  4勝6敗(勝率40%)

<参考>1勝で110~160pips、1敗で▲100~150pipsなので、3勝2敗で約150~200pips位を月間の目安にしています。1勝1敗で約+10~20pipsになります。

では、また次回。

↓↓押しても押さなくても良い記事を書いていきます‼

クリックしてくれると記事を書く励みになります。


FXスイングトレードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です